江東区
清澄庭園
 
清澄庭園
 

明治の代表的「回遊式林泉庭園」の清澄庭園。関宿城主、久世大和守の下屋敷の庭園をもとに、明治11年、岩崎彌太郎により造られました。明治13年、「深川親睦園」として開園、その後も造園工事が進められ、全国から集めた名石、奇石が排されました。

見所には、泉水、名石の数々、涼亭、磯渡り、富士山などがあります。涼亭は日本情緒豊かな数寄屋造り。明治42年にイギリスのキッチナー元帥を迎える為に岩崎家により建てられました。

磯渡りは池の端にあり、石を飛びながら歩けるようになっています。水面に映る美しい景観を楽しむことが出来る場所です。

また、園内には美しい花々も多数植えられています。春には桜やツツジ、秋にはたくさんの彼岸花が咲き、冬はサザンカや椿が目を楽しませてくれます。

情緒豊かな涼亭 涼亭より望める庭園
豊かな水をたたえた、泉水。

3つの島を配した庭園の要。昔は隅田川から水が引かれ、東京湾の潮の干満により微妙に変化したそうです。現在は雨水を利用。

涼亭からみた庭園 池に沢山いる亀
池から見た大正記念館 美しい松の木々
 

お問い合わせ先:
清澄庭園管理所
〒135-0024
東京都江東区清澄3-3-9
TEL:03-3641-5892

 
 
back
[HOME]