モーツァルト
さて,昨年のモーツァルト生誕250年の賑やかなことといったら.....。どこへ行っても彼の曲が鳴り響いて「ハッピーバースデー ヴォルフィ−(モーツァルトの愛称)」の大合唱。日頃はクラッシック音楽にうとい私の友人も,去年ばかりはちょっとしたモーツァルト通に大変身!ちなみにモーツァルトのヴァイオリンとオーボエの曲は右脳の活性化に一役かっているとか。・・・とすると昨年だけでもこの恩恵を受けた人はたくさんいたのではないでしょうか?「えっ、もうモーツァルトは食傷した」ですって? まあそんなことはおっしゃらずにヴォルフィ−の話に少しおつきあいください。

ウィーン、シュテファン教会の裏手にある「ドムガッセ5番地」。ここに通称「フィガロハウス」があります。 (現在は「モーツァルトハウス」と改名)彼はここに2年7ヶ月住み、オペラ「フィガロの結婚」を筆頭に数多くの名曲を生みだしました。


フィガロハウス

「えっ、そんな短い間しか住んでいなかったのか」ですって。いえいえ、彼の引っ越し遍歴のなかではこれでも一番長く住んでいたのです。音楽家というものは、とかく近隣とのトラブルが絶えないのが世の常。どんな名曲でも聴く人によっては残念なことに騒音と化すこともあるのですから。 まあベートーベンほどではありませんが、彼モーツァルトもここウィーンで14回引っ越しをしました。通算すると彼は10年余ウィーンに住んでいたので、このフィガロハウスの住み心地はさぞかし良かったのでしょう。

そんな話はさておき、このフィガロハウスはウィーンの一等地にあるため当時でもかなり家賃が高かったようで、月10−20万円以上住居費にかかったようです。「だって彼は貧困のなかで死んだんでしょ」ほらほら、あなたが知っているモーツァルトと少し違うでしょう?

ちょうどお湯が沸きましたので、コーヒーでも飲みながらゆっくりお話をしましょう。今日のお菓子は口あたりの軽いレモンクリームです。「モーツァルトとレモンの関係ですか」あなたはなかなか探究心が旺盛の方ですね。彼、モーツァルトの時代には、レモンはどちらかと言うと高価な物でしたが、このエキゾチックな果物は当時から、スープ、肉、魚料理そしてもちろん、ケーキに‥と幅広く使われていました。そんななかでもレモネードとレモンのビール割りに、彼は目がなかったようです。自宅にまでビリヤード台を持っていたモーツァルトのことですから。このレモンのビール割りを片手にビリヤードに興じていたかも知れません。

さて話をもとに戻しましょう。私達が知っている限りでは彼の妻であるコンスタンツェの浪費説が有名ですが、どうもそれだけではなかったようです。特にフィガロハウスに住んでいた時期は、彼の作曲人生の絶頂期でしたので、当然収入も多かったのです。しかし彼はギャンブル好きで、おまけに大の着道楽。もちろんパトロンである貴族あっての音楽家でしたから、衣装にお金はかかったと思いますが、彼の場合は半端ではなかったようです。これではお金がいくらあってもたまりません。かわいそうなコンスタンツェ!

またモーツァルトの初恋の相手というのが彼女の姉のアロイージアだったのです。 と言っても、モーツァルトは彼女に「アリア」まで書いて結婚を申し込んだのですが、キッパリと断られて しまいました。しかしこのことは、コンスタンツェにとっては生涯おもしろくなかったことかも知れません。

恋多きモーツァルト。おしゃれでなかなかの男前。あたまの回転が早くて、ジョーク好き、とあればもてないわけがありません。「この曲を君のために・・・」なんて言われ、見つめられたら、さぞかし女性とのエピソードにもこと欠かなかったことでしょう。事実モーツァルトは多くの女性のために「アリア」を捧げていましたが、何故かコンスタンツェのものは全て未完成なのです。本当にかわいそうなコンスタンツェ。

話が大幅にそれてしまいましたが、モーツァルトの晩年の経済状態は、かなりひっ迫していたため 彼は友人にさえも、借金を申し込んでいました。もちろん、その借金返済のため、彼は命を削って 作曲に没頭する毎日でした。 そんな中のひとつ、「モーツァルト毒殺説」まで出た、謎の多い未完の曲「レクイエム」。

ところがこれにはある事実が隠されていました。それはこの次の機会にお話しましょう。

それではレモンクリームのレシピをご紹介します。あっという間にできてしまう、簡単なデザートです。  レモンには気分を高揚させる作用がありますので初夏のティータイムにいかがでしょう。お試し下さい。

 

撮影・中島劭一郎
ツィトローネンクレーメ(レモンクリーム)
 
材料 200ccのグラス5〜6ヶ分

レモンクリーム

ヨーグルト.....250g
生クリーム.....125g
粉砂糖.....75g
レモン果汁.....1/2ヶ分
板ゼラチン.....3g
ホワイトラム(ダークラムでも良い).....大匙1/2杯
バニラシュガ−.....大匙1/2杯
レモンの皮.....少々

飾り

生クリーム.....50g
グラニュー糖.....5g

 
準備
1: 生クリームを八分立てにして冷蔵庫に入れておく。
2: ゼラチンを水に浸して柔らかくしておく。
 
作り方
1: ボールにヨーグルトとラム酒、バニラシュガ−、粉砂糖を入れて、ホイッパーで良く混ぜる。
2: ゼラチンの水気をよく切り、小さなボールに入れ、ここへレモン汁も一緒に加えて温めて溶かす。
3: 2)を1)に入れ加え混ぜ(この時だまが出来ないように注意する)
あらかじめ泡立てておいた生クリームもホイッパーで加え混ぜ,グラスに注ぎ入れ、1時間ほど冷蔵庫で冷やし固める。
4: 飾り用の生クリームとグラニュー糖を全部立てにして写真のように、ロゼ型に絞り出す。
好みでレモンの皮を細く切った物をのせる。
 
高山厚子のプロフィール
東京都出身

フェリス女学院大学音学科ピアノ科卒業後、ウイーン・コンセルヴァルトワールに留学。シュタートラー教授にピアノを師事。
ウイーンガストロノーミッシェ・インスティテュートにおいて、ヴォルフガング・カルプヘン氏にウイーン菓子を師事する。
スイス・バーゼルにおいてカール・シルマン氏にマジパン細工を師事する。
その他、デュッセルドルフ、コンディトライ カフェ・マウス
ハーゲン、カンデルン、カフェ・ラコステにおいて研修を積む。
日墺文化協会会員 
日墺文化協会主催「ウイーンのお菓子教室」講師
高山厚子著書「ウイーン菓子12ヵ月」文芸社
 
日墺文化協会(http://austria.gooside.com/)
unselfで動画レッスンを見る

back
[HOME]