たらおばさんのハーブよもやま話 Vol.3

キッチンづくりのポイント
キッチンの「カタチ」は、決めるのではなく決まるもの。
キッチンのプランを依頼されたとき、私が最初に行うのが情報収集です。
どんな家族構成なのか、キッチンをよく使うのは誰か、どういう料理が好きなのか、朝、昼、晩、毎日使っているのかなど・・・。キッチンや料理に関する話をしていくうちに、キッチンを使う人の性格や暮らしぶりが、おぼろげにつかめてきます。じつは、こうしたさりげない会話こそ、キッチン・プランで最も重要なことです。はじめにキッチンのスタイルやレイアウトなど「カタチ」を決めてしまうと、つぎはそこに何をあてはめるかといった作業しか残されません。そうなると設備機器の選択も限られ、その家らしいキッチンから遠ざかってしまいます。
キッチンを考えるときは、流行やスタイルといった「カタチ」で選ぶのではなく、まず自分の生活を見つめ直し、さらに性格や習慣に重点を置いて、自分に合った使いやすいキッチンを選ぶべきです。はじめに「カタチ」ありきで、見た目で選ぶのは、キッチン選びの間違いになりがちです。
 
キッチンとダイニングのつながり。
独立型キッチン ダイニングキッチン リビングダイニングキッチン
キッチンを調理作業専門の部屋として位置づけ、ダイニングや他の空間を個室として独立させたタイプ。
 ・ 匂いや煙が他の部屋に流れるのをシャットアウトできる。
 ・ 片付け、掃除を気にしないですむ。
 ・ 自分の都合の良い時間に調理できる。
 ・ 壁面が多いので、収納が充実する。
 ・ 食卓への移動動線が長くなる。
 ・ キッチン以外の部屋とのコミュニケーションがとりにくい。
ダイニングとキッチンが一室に配置され、二つのゾーンを隔てる壁などがないタイプ。
 ・ 狭いスペースを広い空間として使える。
 ・ 湯気、煙、匂いなどの換気に充分な配慮が必要。
 ・ 作業中の乱雑さが目につく。
キッチン、ダイニング、リビングルームまでが一室となったもの。調理+食事+居間として、さまざまな機能が加わったタイプ。
 ・ 配膳や後片付けが楽にできる。
 ・ 家族とのコミュニケーションがとれる。
 ・ 狭いスペースを広い空間として使える。
 ・ 油煙、匂いなどの換気や音などに充分な配慮が必要。
 ・ 片付けができていないと、汚れものが目につく。
 ・ 落ち着きが失われがちになる。
森田 博子 Hiroko Morita
ぐるーぷせっせっせっ主宰
キッチンを中心に設計。監理から施工までをカバーするスペシャリストとして、
主婦の目から見た使い勝手のいい住まいを提供する。
雑誌やテレビ出演、セミナー講師など幅広く活躍中。
著書:ドイツ式、シンプルに生活する「収納・整理・そうじ術」小学館
『ぐるーぷせっせっせっ』について詳しくは
こちら(http://www.kitchen-ccc.co.jp/)をご覧下さい。

back
[HOME]