from California 園芸便り

カリフォルニアのお庭事情、園芸事情についてお届けします。とは言っても、広いカリフォルニア。一言でカリフォルニアとは言えない程広いのです。その広さなんと日本の4倍。その場所場所での気候もかなり違います。
今回も引き続き、カリフォルニアの州都サクラメントのナーサリー(園芸店)についてお届けします。

所変われば、お庭事情も変わります。日本の平均的な庭と比べると、アメリカの平均的な庭は広い、広い。うらやましい限りの広さです。

広いと大変なのが、カバーする面積。アメリカの園芸店にはこんなコーナーがありました。

「ステッパブル」プラントのみが置いてあるコーナーです。ステッパブルとは踏んでも大丈夫、という意味。広い面積をカバーする、上を歩いても良い、芝のような植物の事です。もちろん、芝もとてもポピュラーですが、このステッパブルプラントは葉の形がかわいかったり、小さな花が咲いたりと、芝より目で楽しめる植物が多いよう。なおかつ、育つのが早く、温度差等にも強い、いいことだらけの植物なのです。

芝は簡単なようで難しい植物。日当たりも必要ですし、芝刈りや根の手入れなど、イメージより手がかかるのです。広い庭だと手入れも大変。そこで、日当たりのあまり良くない場所や、裏庭など、あまり手をかけたくない場所などにステッパブルプラントは大活躍のようです。


 

back
[HOME]