from California 園芸便り

カリフォルニアのお庭事情、園芸事情についてお届けします。とは言っても、広いカリフォルニア。一言でカリフォルニアとは言えない程広いのです。その広さなんと日本の4倍。その場所場所での気候もかなり違います。

サンクスギビング(感謝祭。11月の第四木曜日と決まっています。)が過ぎると、アメリカはクリスマス一色に。クリスマスが終わっても飾りはすぐに外さずに、新年1日過ぎまで続きます。
家族や友人にはクリスマスカードを送り、スーパーマーケットも、コーナーストアもデパートも、それぞれ思考をこらしたデコレーションでいっぱいになります。

そして、どんなところでもクリスマスツリーを飾ってホリデーシーズンを盛り上げます。

映画でもよく見られるシーンですが、大きな生のクリスマスツリーをマーケットで買ったり、この季節だけ現れる、クリスマスツリー屋さん(駐車場の隅や、街角に開かれます)で大きなものを買う事が多いようです。

そのままの木を売っている事が多いですが、時間のない人の為か、オーナメントが最初からついているものなども売られています。

そして、買ってきた木には家族で毎年集めているオーナメントを飾っていくのです。

このオーナメントを集めるのもクリスマスの一つの楽しみです。その年の限定のものなど、いろいろなメーカーが趣向を凝らしたものを毎年発表します。


また、この季節にはクリスマスらしいアレンジを施したブーケもお店に登場します。急なパーティーにおよばれしたときなど、ワインやチーズにプラスして、こんなプレゼントを持っていくのもいいかもしれません。

 

back
[HOME]