-チョコレートコスモスー
文 :水落明美

最近、今まで日本に入ってなかった珍しい花たちが園芸店に並ぶようになりました。 そんな珍しい花のなかで注目したいのが「チョコレートコスモス」。 通称、「チョココス」です。 名前の通り、チョコレート色のコスモスで、しかもチョコレートの香りまで楽しむことができる、すぐれ者です。 私は去年の夏、このユニークな珍しい花と近所の園芸店で出会いました。

私は珍しい花を見つけると、事典でその花について調べるのですが、さすがにチョコレートコスモスは載っていませんでした。 そうなると、買ったときのラベルの育て方が頼りとなるのですが、簡単に書かれているので、いまひとつ不安です。 そこで購入先の園芸店で調べてもらったところ、 この植物はメキシコ原産の貴重な植物とのこと。それが、バイオの技術で日本で楽しむことができるようになったそうです。 よくみかけるピンクのコスモスというよりは、ビデンスに茎や葉の感じが似ていると思います。 丈は30センチぐらいでしょうか。6月中旬から夏にかけてが開花期です。株から茎が伸びて、一般的なコスモスよりは小ぶりのチョコレート色の花がリズムをつけて咲きます。茶色の花と、ほのかなチョコの香り、ご近所とのお庭の話題に一役買ってくれました。

花が終わってからも株を大切にしていたのですが、残念ながら私は育て方を失敗してしまいました。どうやら過湿を嫌うようです。
そしてこの春は、種から蒔こうと探したのですが、種では育たないとのこと。この花は宿根草で、春に株分けをして増やすそうです。同じコスモスでもピンクのコスモスとは葉や茎の感じから開花期、育て方まで、随分違います。 育て方が難しかったり、少数しかない貴重な花だったりすると、敬遠する人、挑戦する人、様子をみる人・・・人さまざまです。 チョコレートコスモスが日本の花壇やコンテナに普通に見られる日もそう遠くないかも知れません。

back

[HOME]