花野みどり
ドライフラワーを使って、こんなにかわいいリースをつくってみませんか。
ドライフラワーはご自分でお花を乾燥したものでもよいし、お店から購入したものでもいいですが、こんなかわいいリースをつくるには、少しずつ、たくさんの種類のお花が必要ですので、教室に参加するのが得策のようです。私も細谷先生の教室に参加して、初めててすが、こんな可愛いリースがつくれましたので、皆様に御紹介いたします。
まずリース台ですが、今回は繊細な感じをだした作品ということで、細いつるのラタンリースを使いました。
リース台の全体の形をながめて、どこに花を置くか、どの方向で台を使うか決め、"サハラ"という台をリース台のつけたい場所に取り付けます。このとき緩まないようにしっかりと止めるのがこつです。
そして、取り付けたサハラに、用意したお花の茎を切って、配置やバランスを考えながらアレンジしていきます。茎はサハラにささりやすいようにななめに切ります。
今回使用したお花は次のようなものです。
よもぎの花 もあもあとした草色のつぶつぶのついたもの
シルバーキャット ねこのしっぽのような白い花
エリンジウム 草色(ブルー系もある)のけだまのような花
ラベンダー 紫のつぶつぶのような花
ブルーファンタジー うす紫の小花
スーパーレディ ピンクの小花
ローリエ 緑の月桂樹の葉
初雪草 ふちが白い葉
私のリース台は小さめでしたのでアレンジも小さくまとめようと思い、なるべく短かめに茎を切りました。最初に短く切った初雪草をベースに差し、その中にラベンダやスーパーレディ、シルバーキャットの紫、ピンク、白など、色のある花をアレンジしていきました。シルバーキャットの白が意外に効きます。愛嬌のある、ねぎ坊主のようなエリンジウムもかわいいです。よもぎの花は先の曲がったものを選んで動きをだしました。差していると、お庭に花を植えているような感じです。
出来上がったリースはななめ上から見るときれいなので、目線を考え玄関の飾り棚におきました。
こんな素敵なリースが初心者でもつくれます。あなたもやってみませんか。
指導 細谷 先生
教室  おもしろクラブField-Dayサロンにて(出張教室)

back

[HOME]