バックナンバー
ホーサンの菜園生活

ホーサンの菜園生活

文章・写真 保高博司
「ふきのとう」

 我が街の「市民大学」のOBの有志で構成している仲間で会を開いている。今回は、各自「我が家の自慢料理・一品」を持ち寄った懇親会に出席した。参加者は10名余りと少なく顔ぶれは毎度お馴染みに限られたが、持ち寄った料理はバラエティにとみ、20人以上充分賄える量が集った。

そんな中で、季節がら「フキノトウ」を材料にしたものが四品もあって、それぞれとてもユニークで旨い味を出していた。 我が家でも例年庭に自生するものを摘むが、そのほとんどは「天ぷら」か「フキ味噌」にされるくらいで、料理などと言えるものではない。すでに今年は例年より一ヶ月半以上も早く庭で摘み、天ぷらとなった。

今シーズンの雪は年末にちらっと降っただけで、つい最近までまったくなかった。その恩恵だ。本来こんなことは珍しく、2月の初旬で4月とか5月の陽気と言われる暖冬で、庭の季節は一ヶ月以上早く移ろっている。
ところが2月の末になって突然30センチほどの雪に見舞われた。これで冬に逆戻りかと、続いて芽吹き始めたフキノトウも一面の雪に被われてしまった。

そこはやはり季節の仕業、その雪もいっきに消えてしまい、今では再び我が家の庭にフキノトウが大量に顔を出している。
過日味わった味に刺激され、「フキノトウ」料理はさほど難しくなさそうだし試しに作ってみたくなった。無駄にすることはない。さっそく摘んできてキッチンに立ち、試行錯誤でバラエティ料理に挑戦してみたいと想っている。


back
[HOME]