たらおばさんのハーブよもやま話 Vol.3
女性のお悩み解消!!BASIL「バジル」のすごい効果
埼玉県・たらおばさん
プランツコーデネーター

ジルには多くの種類があります。一般的にはスィートバジルが使われます。シナモンの香りのするシナモンバジルやアニスの香りのアニスバジルはお菓子作りの香付けにも利用されます。ダークオパール、パープルラッフルズなどは濃い紫色の葉を持ちます。これでバジルソースを作ると見事な紫色のソースが出来上がります。最近のハーブのようなイメージもありますが江戸時代に入ってきたものです。江戸時代にはこの種で目のごみを洗い出すことをしていたようです。そのため和名はメボウキといわれます。この種は水にふやかすと周りにゼリー状のものが出来てデザートとしていただくことが出来ます。甘いシロップで召し上がれ。

学名:Ocimum basilicum(メボウキ属)
シソ科 日本では一年草 原産地インド、熱帯アジア
バジリコ、メボウキなどともよばれます
 
・・・ うがいに ・・・

バジルの葉には抗菌作用や強壮作用があり口内炎を防ぎます。葉を噛んだり、うがいをしましょう。 

バジルという名前はギリシャ語の王様という意味。クローブに似た独特の爽やかで甘い香りが古代ギリシャでは王宮にふさわしい香りといわれたのでしょう。

・・・ 料理に ・・・
料理にも良く使われ、トマトソースやパスタとも良く合いますが、香辛料としてのバジルには消化器系の不調に効果を発揮するパワーがあります。生の葉を松の実やオリーブオイルとすり混ぜたバジルソース(ジェノバソース)は有名です。

・・・ お茶として ・・・

バジルはお茶にしても爽やかでスパイシーな香りがします。この香りが自律神経に働きかけ、ホルモンバランスの乱れからくるイライラやストレスを発散させて明るい気分を呼び起こしてくれます。ハードワークで疲れたときにはバジルティーですっきりしましょう。


・・・ 車酔いに ・・・
乗り物酔いにも香りの効果を発揮して、その香りを嗅ぐだけで症状が改善されます。車酔いするお子様に香りを嗅がせてあげましょう。大人ではローズヒップやローズマリーとブレンドしてお茶として飲むのも良いでしょう。
・・・ 頭痛に ・・・
頭痛のときはレモンバーベナ、カモミール、タイムと一緒にお茶として飲みます。エッセンシャルオイルがあれば吸入やすり込みよりその症状を改善させます。
・・・ 更年期障害に ・・・
バジルには女性ホルモンの「エストロゲン」に似た成分があります。このホルモンは女性特有の症状「更年期障害、生理不順、生理痛」などと大きな関わりがあります。バジルを少量毎日取ることで更年期障害の症状を緩和させます。またドライバジルを熱湯でねり、人肌くらいの温度にしたものを下腹部にすりこむことでひどい生理痛を和らげます。
・・・ お肌のお手入れに ・・・
女性の美しさをあらわす肌にも重要な役割を果たします。疲労やストレス、貧血や低血圧など現代女性に多いトラブルで活力が無く張りの少ない肌質「不活性肌」の方は結構多いもの。乾燥気味で弾力が無い、これは老化肌の原因です。このような肌質のかたはバジルティーを飲みながらドライバジルをたっぷり入れたバケツで手浴、足浴をします。お風呂に入れてもよいでしょう。鼻から吸入された香りと皮膚から吸収される成分で張りのある柔軟な若い肌が期待できます。

※注意としては妊婦の使用は控えましょう。
※ハーブ療法は個人による差が大きいものです。そのときの体調などによっても違ってきます。アレルギーなどをお持ちの方は必ず、バッチテストをしてから使用することをおすすめします。


ア ロ マ オ イ ル レ シ ピ 

咳止め用エッセンシャルオイル

バジルのエッセンシャルオイルには風邪で咳が止まらないときに緩和する効能があります。他のエッセンシャルオイルとブレンドして吸入することにより咳を防ぎます。また首と胸にマッサージをすると布団に入ってから始まる咳を防ぎます。
バジルには抗菌作用のほかに気管支系の痙攣を和らげる効果があります。

サイプレス1滴
プチグレン1滴
バジル2滴
ニワウリ・シネオール1滴を
ホホバオイル10mlで薄めて使用します。


肩こり用エッセンシャルオイル

血液循環の悪くなったことでおこる肩こりには、血液循環を良くして鎮静作用のあるバジルのエッセンシャルオイルが有効です。
筋肉弛緩作用と血液循環作用のあるローズマリー・カンファー、鎮静作用のあるペパーミント、精神安定作用のあるオレンジ・スィートなどとブレンドすると良いでしょう。

ローズマリー・カンファー1滴
バジル2滴
ペパーミント1滴
ホホバオイル10mlで薄めます。


首の後ろや両肩、肩甲骨など張りや痛みを感じる部分にマーッサージするように塗りこみます。肩こりに効果のあるつぼ「肩井(けんせい)」も押します。肩井の位置は首の付け根と肩先の骨を結んだ線の中間にあります。特にお風呂上りには効果的です。入浴後には血行が促進され乳酸など疲労物質が除去されます。


 


back
[HOME]