What's new
 

都市の風景



東京の建物・照明・ショーウィンド・
乗り物などのデザイン考察

バックナンバー


散歩のついでに、カメラでパッチリ。
撮影モードを考える 。


撮影モードについて

最近のカメラは、撮影モードとして「プログラムAE」「絞り優先AE」「シャッター優先AE」「マニュアル露出」の4つを備えているのが多い。露出とは絞りとシャッターの組み合わせで、適切な光の量をフィルムに与えるもの。
続きはこちら。

第4回 レンズについて。
第3回 露出補正をしてみよう。
第2回 ブレない写真を撮るコツ教えます。
第1回 写真のすすめ


空:ある日ある場所



ある日、ある場所で空をクロップしてみました。
見上げたり、見下ろしたり、
その日その場所で違う、空の表情です。


アースデイ:4月22日



4月22日はアースデイ、「地球の日」です。私たちが住む、たったひとつの地球を取り巻く環境について、少し時間を作って考えてみるのもいいかもしれません。


Smart garden エコGarden



Smart(スマート)な庭は、エコガーデンでもあるのです。
ちょっとでもエコなガーデン、始めてみませんか?


与論島通信
与論島の海の宮殿 。


与論島通信「こんな美しい海が日本にあるなんて」すこし前の流行語なら「ウソー、ウソー」の連発だ。31年前。初めて与論島を訪れて珊瑚の白砂が続く百合が浜に立ち、気持の良い10月の風に吹かれながら、目の前に広がる海に魅せられた。
何色にも彩られた透明感のあるエメラルドに輝く海。島全体を囲んでいる珊瑚のリーフに打ちあたる白波まで美しく思えた。
続きはこちら。

バックナンバー Vol.1 いま、与論島がおもしろい。


こうちゃんのトンボ日記こうちゃんのトンボ日記

ゴウに入らばゴウに従え。

 僕はトンボに限らず、自然のなかにいる動物と出会うのが好きで、あちらこちらによく出かける。いまから30数年前、22才の頃。沖縄にトンボ捕りに出かけた。那覇空港に降りると、あの頃の沖縄はまだ米軍の占領下にあるような雰囲気だった。空港には、迷彩色の米軍の飛行機やかまぼこ型の宿舎が見えた。
続きはこちら。

バックナンバー 第1回第2回



世界の著名人の墓を訪ねて

世界の著名人の墓を訪ねてミュンヘンとミュンヘン郊外に眠る人々編
ミュンヘンは私にとっては思いでの地。1966年8月、希望に胸を膨らませ、小躍りして羽田空港を飛び立ちました。目的地は、西ドイツ・ミュンヘン。
新聞社の仕事を手伝いながら、ドイツのデザイン及び写真芸術を学ぼうと、意気揚々パンアリキカン航空世界一周便のローマ経由でミュンヘンに向いました。
続きはこちら。

第1回 クラシック音学家の愛され続ける墓標(オーストリア編)

 
[HOME]


© 2001-2010 Line Co.,Ltd. All rights reserved.