千葉県 原田邸

家を新築しましたので庭を自分で作ることにしました。
妻と2人で4日間と調整期間が1日、合計5日間でしあげました。
今回、実は2回目で要領も良かったと思います。


●苦労したこと
休みが限られているため雨が降らないように祈ること。
全体を水平に作ることは大変です。
水平器は使わずに目分量でやりました。何とかなる物です。
引越の3日目からやったので疲れていました。

●こだわり
以前は芝を植えていましたが手入れが大変なので、
手がかからないようにすること。
デザイン的に飽きないようにえごの木の根元の花壇を作りました。
下のデッキの間に竜のひげを入れて雰囲気をだしました。
玄関にも少しこだわり、駐車場のフェンスを下げてオープンな玄関にしました。

北側が道路になるため、裏側が庭になり道路に面さないためプライバシーが
確保しやすくなってます。
 
 ●作業前と下準備

2月25日  
始めは新築の家に似合わない庭でした。
3月4日  
垣根と植木を全て抜いてもらいました。
 
 ●ウッドデッキの製作


準備材料
・ウッドデッキ材
(レッドシダー):
2×4材、
1800センチ、
300本

・束石35個、
階段用4個、計40個

・デッキ用塗料
(ライトオーク)20L

・ステンレスビス
65cm(1000本)

・ラティス9枚

・その他

準備道具、工具
・電動ドリル
・電動丸のこ
・電動丸のこ据え置き型
・ジグソー
・その他
 
3月18日  

垣根にレッドロビン、デッキの中に花みずきを植えてもらいました。

地面をならして束石を置いていきます。
出来るだけ水平になるようにする。

 

 

寸法どうりに切断して塗料を塗ります。
3月19日  
基礎を組んでいきます。
手摺の部分はあらかじめ長くしておく。
基礎の次は上側を組んでいきます。
3月20日  
上側を互い違いに組んでいく。
手摺の上側までを3日間で作りました。
3月24日  
階段をつけました。
歩きやすいように1800センチ3段にしました。
となりとの間に目隠しになるラティスを付けました。
3月25日  

デッキの下は芝にして手入れが大変より、下もデッキにしました。

所々空けて竜のひげを植えてポイントにしました。
デッキ材は詰めて置いているだけです。

 
 ●新しい庭のいろんな顔

花壇が無いので木の下を空けて作りました。

クーラーの室外機を隠しましょう。
テーブルにパラソルを付けました。

物置はラティスで隠しましょう。

ライティングをした夕方。
ライトは電球だけ買って木を切り抜いて作りました。
ライトは12ボルトに変圧しています。


夜のライティング。
軽井沢を意識しています。




[HOME]