シェードガーデン(日陰の庭)

●シェードガーデン
長い冬が終わりガーデナー待望の春がやってきました。水紀さんのガーデンにもたくさんの花が咲き始めています。中でも特にシェードガーデン(日陰の庭)が見頃となっています。ガーデンの一番奥はハナミズキなどの落葉樹木の陰となっていて、木々の下は葉の無い時期を除いて日中ほとんど太陽が当たりません。ですが、そういう環境を好む植物もあるもので、水紀さんもいろいろと植えて素敵なシェードガーデンを楽しんでいます。  

まだ寒い日が続く早春から、一足先にシェードガーデンはクリスマスローズが満開となっています。クリスマスローズは夏の強い日差しが苦手なため、冬の間だけ太陽の当たる落葉樹の下がぴったりです。水紀さんはクリスマスローズが大好きで、原種を始めたくさんの品種を集めて育てています。今年はたくさんの種類の花が咲き乱れてとても素敵です。 クリスマスローズは立派に花を咲かせるには何年かかかることがあり、また、まったく花が咲かない年もあれば急に大株となってたくさんの花をつけたり・・・とちょっと気まぐれなところがあるそうです。でもその分、咲いたときの感動はひとしおだと水紀さんは言います。  

色とりどりのクリスマスローズの他にもいろいろな植物が花を付け始めていました。シキミアチオノドクサヒカゲツツジヒイラギナンテンなど、これらも日陰で元気に咲く花です。水紀さんはこれらの日陰に強い植物を植えるだけでなく、オーナメントやバードパスを置いたりしてシェードガーデンを素敵に飾っていました。

 
〜クリスマスローズの品種〜
オリエンタリスの黒
オリエンタリスのクリーム色
ステルニー
フェチダス
デュメトラム
アトロルーベンス
ニガー