葉牡丹

花言葉

利益


[葉牡丹とガーデニング] [由来と品種] [葉牡丹の寄せ植え]
葉牡丹とガーデニング
蕎麦屋の前庭にミニ葉ボタンと
右下にはジュリアン

街中に色採られたポインセチアが、強風や寒風による、苞の傷つきや、株の弱りが目立ち始めたのと入れ代わって、株の中心が桃、紅、白でほのかに染まった葉牡丹がちょぴり早い春の装いをみせてくれ、クリスマスの余韻から抜けきれない年末から一気にお正月ムード一色へ、そして新年へと季節が駆け抜けます。

和風居酒屋の前や横のスペースに

 

 

 

葉牡丹といいますと、帰省先の花壇や、公共花壇の景観として、紅白に並んで彩られたものを目にすることが多いかと思われます。

 


滋賀県秦荘町の環境緑化部 の活動
による、
「葉牡丹パンダ」(左)と花壇(上)

言うならば、このような使われ方しか無く、春先になると、芯が伸びて大根に似た淡い黄色の花を咲かせ、見苦しく、なかなか洋風のガーデンには合わせずらいというイメージがあり、ガーデニングブーム到来当初は、敬遠され、表舞台から遠ざかった時期もありました。

15m四方の田面一杯に描いた
「葉牡丹パンダ」

ところが、比較的コンパクトに出来上がる品種や、矮化剤の導入によって、よりミニ化され、葉牡丹のかわいらしさが全面的に打ち出されてきました。 これに伴い、テラコッタや、洋風プランターに、真冬の寄せ植えには欠かせない素材として植え込まれるようになりました。

パンジーとの寄せ植え
シクラメンとの寄せ植え



next
© 2000Line Co.,Ltd.. All rights reserved