紫陽花
アジサイ
[七変化のアジサイ] [初夏の風物詩アジサイを訪ねて] [アジサイを育ててみませんか?] [ミニ図鑑]
●七変化のアジサイ

梅雨から夏にかけて咲くアジサイは、七変化と言われるように咲いているうちにだんだん色が変化していきます。そのためか花言葉は「移り気」です。そんなアジサイ、原産は日本です。しとしと雨が降る庭に咲くアジサイの花、まさに日本の梅雨の風景です。もとは関東地方の海岸に自生していたガクアジサイで、花が手毬状に咲くアジサイはその変形です。ガクアジサイは中心の小さい両性花と、まわりの大きな装飾花から成っています。その装飾花だけが丸く手毬状になっているのが一般的な手毬型のアジサイです。 

アジサイは現在いろいろな色の品種が売られています。青、白、ピンク、紫、赤に緑・・・でも本来の日本のアジサイは青だったそうです。アジサイについてよく言われる話ですが、土壌が酸性だと青くなり、アルカリ性だと赤くなります。もともとの日本の土壌は酸性であるため、日本古来のアジサイは青だそうです。「アジサイ」の語源は一説によると、「青い花が集まっている」ので、集めるの意の「あづ」に青の意の「さ藍」で「アヅサアイ」から「アジサイ」となったということです。

その青いアジサイが欧米に渡って改良されて、色とりどりの西洋アジサイ(ハイドランジア)が生み出されました。幕末から明治にかけて来日したヨーロッパの人々が初めて見る美しいアジサイを持ち帰り、青以外の色の花を作り出しました。元々ヨーロッパは土壌がアルカリ性なために、青かった花も自然と赤っぽくなり、また元来華やかな花を好む欧米人のために色とりどりで大きな花へ変化を遂げました。そしてその後その西洋アジサイ(ハイドランジア)が言わば逆輸入され、現在の日本でも人気品種となっています。

シンプルで落ち着いた風情のガクアジサイ、色とりどりで華やかなアジサイやハイドランジア、あなたの好みはどちらでしょうか。

 

前回のスペシャルはバラでした。

next
[HOME]
[植物生活] [私流ガーデン] [自然を楽しむ] [園芸百科辞典]
[フラワー レポート] [ふるさとガイド] [東京散歩] [情報ガイド]
[住宅情報] [リンク集] [プレゼント] [ショッピング]
© 2000Line Co.,Ltd.. All rights reserved